知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

80対20の法則:頭を切り替え、努力と報酬は別物と考える。

 

人生は今日という一日の積み重ね。

 
ということは、今日という24時間をいかに過ごすかが、人生をいかに生きるかと直接的につながっているということ。
 
 
 
時間革命の手引きー7つのステップ*1
 
①頭を切り替え、努力と報酬は別物と考える
②罪悪感を捨てる
③押し付けられた仕事から自分を解放する
④常識にとらわれず、柔軟に時間の使い方を考える
⑤80%を与えてくれる20%が何かを見つける
⑥80%を与えてくれる20%に使う時間を増やす
⑦つまらないことはやめる
 
 
 

頭を切り替え、努力と報酬は別物と考える。

 
 
①頭を切り替え、努力と報酬は別物と考える。
 
懸命に働くこと、特に他人のために懸命に働くことは、自分が望むものを手に入れる効率的な方法ではない
ただがむしゃらに働けば、見返りは少ない。自分の心に嘘をつかず、ほんとうにやりたいことをやれば、見返りは大きくなる。
 
 
 
私たちは子供の頃に、「懸命に努力することは大切なことだ」と教えられてきた。
確かにそのことを自体を否定するつもりはない。だけど、「懸命に努力すること」以上に「どのように懸命に努力するか」は大切なのではないだろうか。そのことが本当に人生を効果的に生きるために大切なことなのだけど、その重要なことを教え込まれずに大人になってしまっているのではないのか。
 
 

f:id:higeyarou79:20200705105550j:plain

 
 
世の中には多くの「効率的な時間の使い方」というような本が出ているが、大切なのは「自分の人生において達成してい事、やりたい事は何か。そしてそれを実現させるためにはどのようなやり方が効果的なのか」ということ。何をやりたいかなんて100人いれば100通りの答えが存在する。確かに世の中の成功している人たちのやり方を知ることは意味のあることなのだろうけど、最終的には自分のやり方は自分で決める必要がある。
 
 
 
ただ、それを見つけるのにもいくつかの試行錯誤は必要になってくるように思う。
 
一日の最後に、いかの3つをふり返る時間を設定してもいいのではないのか。
 
①自分の成し遂げたい事、やりたいことは何か
②それを実現させるために、今日という一日の時間をどのように使ったのか?
③その使い方に改善する点は無いか?
 
 

*1: 新版 人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ 著

80対20の法則:時間のごく一部が、残りの大半よりはるかに価値を持っている。

 

 80対20の法則と時間革命

 
今日という一日の時間の使い方をふり返ってみる。
 
私はこの限られた時間を有効に使えたのだろうか。
 
もし使えなかったというのなら、どのように改善していけばいいのだろうか。
 
 
 
 
時間の使い方にも、80対20の法則が通用する。*1
 
・価値ある仕事の80%は、使う時間の20%で達成される。逆に言えば、使う時間の80%は、価値ある仕事の20%しか達成できない。
・幸福の80%は、人生の20%で経験する。人生の80%は、幸福の20%しか経験できない。
 
 
4つの仮説
 
・われわれがしていることの大半は価値が低い。
時間のごく一部が、残りの大半よりはるかに価値を持っている。
・だとしれば、大きな発想の転換が必要になる。時間の割り振りを少しばかり変えたところで、何の意味もない。
・時間のわずか20%を有効に使うだけで、時間が足りないということはなくなる。
 
 
 
一日の時間の使い方をふり返ったときに一つ気が付くのは、集中して生産性が高い時間帯と思考力が低下してしまう時間帯があるということ。
 
・自分の一日の時間の中で集中できる時間を見つけること。
・その時間に、価値があり重要な作業をするように心がけること。
 
おそらくこの二つが大切になる。
そして次に大切なのは、
 
・その集中できる時間帯を少しでも伸ばすための工夫を考える。
 
 

f:id:higeyarou79:20200628194206j:plain

 
 

時間は有限。

 
それはどんな金持ちも貧乏人も変わらない。
もしこの一度きりの人生で成し遂げたいことがあるのなら、この一度きりの人生の限られた時間を使って成し遂げるしかない。それ以外に選択肢は存在しない。
 
だとしたら、そもそもこの限られた時間を無駄にできる余地なんて本来はないはず。だからこそ、いかに質の高い時間をできるだけ長く作り出せるかが重要になる。
 
・思考力が低下しているときに思考力、モチベーションを回復させる有効な手段を設定する
 
例えば、Kindle本を音声で聞きながら、掃除、運動をする。意味のある作業をやることによって思考力、モチベーションを回復させる。
 

*1: 新版 人生を変える80対20の法則 リチャード・コッチ 著

ワーキングメモリ:情報を管理する

 

情報を管理する

 

何かの検討をする際に、判断をする前によく多くの情報を集める。
例えば冷蔵庫を買おうとした場合、色々な冷蔵庫を比較するサイトを検索しその中に書かれている情報をEvernoteに列挙していくようなことをする。
 
ただ、そのようなことをするにしてもうまくやっていかないと、情報を集めるだけで何だか疲れてしまって「続きは後で考えよう」と先延ばしにしてしまう。
 
 
 
 
情報を管理する*1
 
ワーキングメモリへのおもなストレスとして、もうひとつ、情報過多が挙げられる。あまりにも情報量が多いとワーキングメモリが処理しきれなくなるのだ。
 
職場で情報過多に見舞われると、分析力や決断力も鈍くなる。
あまりにも情報が多すぎると、われわれが「壊滅的損害」と呼ぶものをワーキングメモリにもたらす場合がある。
 
絶え間なく押し寄せる選択肢やデータの洪水に溺れてしまうのか、それともすばやく最善の選択肢や情報に照準を合わせることができるのかは、ひとえに対処法にかかっている。
 
情報の波に押し流されなかった人は、あらゆる選択肢をひとつひとつ検討するような真似はしないし、情報のすべてに注意を向けるような真似もしない
彼らは選択肢を狭め、自分に扱える範囲のデータだけを検討する
 
 
 
 
目の前に多くの情報や選択肢があると、それを比較するだけで脳は疲労する。
 
ただ、だからと言って情報を収集すること自体が無意味なわけではないし、ある意味では判断のベースとなる情報は判断の質に大きく影響するはず。
そのような矛盾の中でどのように対処するのが有効なのか。
 
 
 
①記憶を外部化する
記憶しながら様々な情報を収集することは脳に大きな負担がかかる。だからこそ、「記憶すること」と「判断すること」の作業を分け、「記憶すること」については別の装置を活用する。例えば、収集した情報を同時並行でEvernoteに蓄積していくことも方法としては有効なのか。
 
②思考を外部化する
ノートに今の自分の思考の流れを書き出す。そうすれば、「判断すること」についても細かい記憶作業をノートという外部装置に任せることができるはず。確かに情報の範囲を絞ってしまって判断自体も限定してしまえば脳に対する負荷は下げられるだろうけど、ただそれによって判断の質が下がってしまうのであれば意味がない。
この二つを両立する方法として「ノートに思考の流れを書き出す」という方法は有効なのか。
 
例えば、何かの問題を解く際にも、ノートに思考の流れを徹底的に書き出して外部化していた。
 
 

f:id:higeyarou79:20200621104352j:plain

 
 

*1: 脳のワーキングメモリを鍛える! トレーシー・アロウェイ著