知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

米国債:利金入金(2/15)

 

2月15日、私が保有する米国債の一つについて、利金の入金があった。

 

 

利金入金

現在私が保有している米国債は二つ。

 

 

アメリカ合衆国国債(満期:2024/5/31、利率2.5%)

  • 約定数量:$30,000
  • 利率:2.5%
  • 利払い日:5/31、11/30
  • 満期:2024/5/31

 

アメリカ合衆国国債(満期:2041/2/15、利率4.75%)

  • 約定数量:$56,000
  • 利率:4.75%
  • 利払い日:2/15、8/15
  • 満期:2041/2/15

 

今回は、 米国債(数量5.6万ドル、利率4.75%)の2/15分の利金支払いとなる。

 

 

 

利金詳細

  • 数量:$56,000
  • 利金額:$1,330
  • 外国源泉徴収額:$0
  • 国内源泉徴収額:$268.79
  • 受取金額:$1,061.21

 

受取金額は1,061ドル。

日本円にすると約16万円ドル円150.31換算)。

 

入金は当然すべてドルで入ってくる。

そのドル資金を次にどのように活用するか。

例えば今は円安が進んでいるのでそのドル資金を円に変換して日本株に投資するという手もある。ただし、現在は日本の高配当銘柄は軒並み株価が上がってしまい、それに伴って配当利回りも下がってしまっている。すぐに買いたい銘柄も見つからない。

 

そうなると、ドル資金の使い道は次の二つが候補になる。

  1. 米国債への再投資
  2. 米国株への再投資

 

 

米国債への再投資

ドル資金を米国債購入に使うという案。

米国株を購入すると購入時に高額な取引手数料が発生するが、米国債であれば別途取引手数料は発生しないとのこと。

それであれば少額で、ある程度細かく買っていっても問題ない。

 

債券の手数料を教えてください。

店頭取引で債券を売買するときは、取引価格に取引の実行に必要なコストが含まれております。別途の手数料は必要ございません。

債券の手数料を教えてください。 : SBI証券

 

 

それに米国の利下げ観測も現在は後退していて、米国債の利回りも上がってきている。

将来的には利下げで利回りは下がっていくのだろうけど、現時点であればまだ投資妙味はあるかな。

 

米国債5年 年利回り

 

 

 

1~3年の短期でも、4.1~4.6%という高い利回り。

これであれば、短期的に米国債に資金を廻しておくという戦略もありそう。

例えば16万円を米国債に回せば、約7,300円の収入になる。大した額ではないけど、小さな積み重ねが大切なはず。しかも国債なので基本的には元本保証。

 

 

SBI証券 外貨建債券

 

 

米国株への再投資

ドル資金を米国株に使うという案。

 

ただしこの案のデメリットは、売買1回ごとに売買手数料として22ドルSBI証券)がかかってしまう点。

円換算すると約3,300円(ドル円150.31換算)。

金額としては馬鹿にはできない。ある程度まとまった株数を買うのであればいいのだけど、少額で頻繁に売買していると手数料負けしてしまう。

 

少なくとも米国株に再投資するためには、他の米国株からの配当金(ドル資金)もまとめた形で、ある程度の金額になった時点での再投資になるかな。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフランキング