知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

当時の私にとって「社会」というものは恐ろしいものだった。

 
大学についてもあまりいい思い出は無かった。
 
機械系の学部に進み、大学3年にもなると就職する人たちは就職活動を進めていた。ただ、機械系の学生の多くは院に進むことを決め、院試の勉強に明け暮れていた。私も、「就職をできるだけ後に遅らせたい」、また、「ほとんどの学生は大学院に進むのだから」、というたった二つの理由だけで大学院への進学を希望していた。
 
確か大学4年の夏ごろに試験があった。
その当時の私は、「試験に落ちたら就職活動をしなければならない」という強迫観念のもと、クーラーのない自宅の自室でひたすら数学と物理の過去問を解いていた。それくらい、当時の私にとって「社会」というものは恐ろしいものだった。大学の図書館に行けばクーラー付きの部屋を確保できるのだけど、大学は自宅から遠く、また他人の目がある中での勉強は私にとって集中しずらい環境だった。だから汗だくになりながらもひたすらノートに方程式や数式を書き出し続けた。
 
二つの研究室に願書を提出し、二つの院試を受験した。
そして、その両方ともに合格した。
 
一つの道は、大学3、4年に所属した学部からそのまま上に上がるような同じ分野の研究室。
そしてもう一つの道は、CGを研究テーマにした全く未経験の分野の研究室。
 
私は変化を恐れ、それまでやってきたことの延長線上にある研究室を選択した。
もしそのとき別の研究室を選択していたら、それから先の人生は変わっていたのだろうか。わからない。ただ、私の人格障害にも似たキャラクターを考えたら、どちらの道を進んでも大差は無かったようにも思う。結局、社会に適合できなくて孤独のまま、いつか企業や国という組織の束縛から逃れて生きることをひたすら願って毎日を過ごしていたはず。
 
今の私のように。
 

f:id:higeyarou79:20210418090204p:plain

場違いな場所に立たされている痴呆者

 

2年前、私は転職した。
 
その当時の私の仕事は、チームをまとめる役のリーダーと試作機の評価担当を兼ねるようなことをしていた。私自身、協調性もリーダーシップも欠けていた人間だったのでリーダーという役割にやりづらさを感じていたし、試作機の評価自体も精神をすり減らすような仕事だった。
 
 
昔から私は組織の中になじめない人間だった。
学生時代も何とか仮面をかぶってやり過ごしていたのだけど、高校時代は本当に周りに人が居なかった。私の高校は中学からの進学者と外部からの受験者が半々程度いるようなところだった。私は中学受験をしていたので、内部からの進学者だった。
 
中学時代はそれなりに友達はいたつもりだった。
だけど、今思えば、私はひたすらクラスメートの道化役を演じることによって「友達」という肩書をもらっていたようなものだった。
 
高校に進学した途端、どうやって友達をつくればいいのかも知らなかった私は、本当に意味で孤立していた。周りはどんどん仲間の輪が出来上がってくる。私は「いつか中学生時代のように友だちはできるよ」と必死になって自分に言い聞かせていたのだけど、その「いつか」は結局訪れることは無かった。前にも後ろにむ進めずに半年もたつ頃には、私はクラスで独りぼっちだった。
 
私以外にも孤立していた生徒はいたので、そこで何とか自尊心は保っていた。だけど、それは偽りの自尊心でしかなかった。学生生活でも一番の地獄は「サマーキャンプ」「ウィンターキャンプ」という行事だった。それはクラスで班を作って、夏は登山、冬はスキーに出かけるというものだったのだけど、その班分けでは私は最後まで残った。それは当たり前の話で、私は独りぼっちだったのだから。いつも私は残り物として人数が足りない班に入ることになった。白い眼を気にしながら団体で登山やスキーに出かける。私にとって地獄以外の何物でもなかった。その行事の前は、その行事が訪れることを心の底から恐れ、そしてその行事の最中は時間が過ぎ去ることを心の底から願っていた。
 
 
そのような人格を天から与えられた私にとって「リーダー」という職は、場違いな場所に立たされている痴呆者と同じだった。そのような状態が続くわけがなかったし、その先には破滅しかないと思った。
 
 

f:id:higeyarou79:20210417090622p:plain

人生において一番大切なこと:2つのドキュメンタリー番組を観て

 

最近、二つのドキュメンタリー番組を視聴

 

f:id:higeyarou79:20210411104625p:plain

 
 
最近、テレビで二つのドキュメンタリー番組を視聴した。
 
  1. 新・上京物語
  2. 運命の合格発表”宝塚音楽学校
 
それぞれの番組で出てきた主人公が非常に対照的で、しかもその二つを見比べたときに私自身の人生についても深く考えさせられた。
 
 
 

①新・上京物語

 

f:id:higeyarou79:20210411104635p:plain

 
 
1つ目の番組は「新・上京物語」。
フジテレビの「ザ・ノンフィクション」という番組で、2021年4月4日に放送された。
 
主人公は18歳の青年。
2020年6月に北海道から料理人を目指して上京。
 
この青年の両親は彼が幼いころに離婚し、父親に引き取られ父方の祖父母に育てられた。父親も亡くなっており、家族は祖父母しかいなかった。その祖父はかつて料理人をしており、上京して就職したレストランもかつて彼が一緒に働いたことのある有名なシェフが経営するレストランだった。
 
この番組を観て第一に感じたのは、この主人公の認識の甘さ。
 
一度も家で料理をすることもせず、ただ祖父が料理人だからという理由だけで料理人を目指してレストランに就職。当然始めは仕事ができないので先輩からも色々と注意をされる。その結果、「仕事が楽しくない」と言って3か月でレストランを辞めて北海道に帰る。
 
そして今はコンビニでバイトをする毎日。
 
 

②運命の合格発表"宝塚音楽学校"

 

f:id:higeyarou79:20210411104648p:plain

 
 
二つ目の番組は、「運命の合格発表”宝塚音楽学校”」。
TBSの「バースデイ」という番組で、2021年4月11日に放送。
 
宝塚という夢を実現させるためには、その前に宝塚音楽学校に合格しなければならない。その宝塚音楽学校受験のためのスクールとして、宝塚音楽学校に受験する人ならだれもが知っているスクールがあるという。
 
講師の小嶋希恵ももとタカラジェンヌ
そのスクールでの厳しいレッスンの内容が放送されていた。
 
ただ、そこに通う少女たちは、
音楽学校に合格するためには自分に厳しくする必要がある。そのスクールは厳しいからこそそこを選んで通っている」
そんなことを語っていた。
 
この番組を観て知ったのは、宝塚音楽学校は中3、高1~3の計4回しか人生において受験できないのだということ。高3で不合格になったら、その時点で「宝塚」という夢は完全に断たれる。
 
高3で受験し、自分が不合格だと知ってもう自分には宝塚という道は存在しないのだと突き付けられた少女が周りをはばからずに大声で泣いているシーンがひどく印象的だった。
 
ただ、最後に講師の小嶋希恵は穏やかな表情で次のように語っていた。
「たとえ不合格になっても、宝塚を受験したということは自分の人生において価値のあることになるはずだから、無駄にはならない」
 
 

感じたこと

 

f:id:higeyarou79:20210411104654p:plain

 
 
二つの番組のそれぞれの主人公。
「上京物語」の主人公は自分の人生における目標も設定することができず毎日を無為に過ごしている。「宝塚音楽学校」の主人公は「宝塚」という自分の人生における目標達成のために今という時を精一杯生きている。
 
 
私がつくづく思うのは、人生において一番大切なことは「後悔の無い人生を生きること」なんだということ。
 
そして後悔の無い人生を生きるために必要なことは、自分にとって価値を信じられる目標を設定して、その目標達成のために今日という一日を必死になって努力して生きること。その経験こそが「後悔の無い人生」につながるのだということ。