知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

映画「殺人者の記憶法」

韓国映画

 
昔から韓国映画に対しては食わず嫌いなところがあって、日本で話題になった作品もほとんど見ていなかった。
 記憶にある中では、以前、「シルミド」という映画を動画配信で見たのだけど、ほとんどその作品に関する記憶がないということはそれほど私の中に響く物がなかったということなのだろう。
 
なので、GYAOなどの動画配信サイトで映画作品を検索したとしても、韓国映画は特に見る対象には入れてこなかった。
 
 
そんな中、韓国映画である「殺人者の記憶法」という作品をGAYOを介して見た。
他に興味を惹かれるような作品がなかったのもあるし、そもそもその「殺人者の記憶法」という題名に惹かれた。
 
 
 
主人公はアルツハイマーで記憶障害の出始めている男性。
 
その主人公は若い頃に、家族に家庭内暴力をふるう父親を殺し、そのあとは正義の名のもとに世の中にとって不要と判断した人物を殺してきた。
ただ、ある一つの殺しを最後に殺人をすることは無くなり、長い年月が経った。
 
 
その主人公の近所で新たな連続殺人事件が発生する。
 
 
そんな中、主人公は追突事故を起こす。
相手の車に駆け寄ると、そのトランクには赤いシミがついている。車から若い男性が降りてきて、
「気にすることは無いので、行ってください」
と言う。
 
この男性が、今発生している連続殺人事件の犯人なのではないのか・・・。
 
 
 
この作品の新しさは、「主人公は過去の殺人者であり、かつ、現在アルツハイマーで記憶障害を起こしている」という設定にある。
 
記憶障害の主人公を通して物語が描かれるので、何が真実で、何が記憶違いなのかがぼかして表現される。
しかも、衝突事故の当事者である青年は、その主人公の記憶障害を巧みに操る。最後は視聴者側に対しても、何が真実で、何が虚構なのか、境界線があいまいになっていく・・・。
 
 
 

殺人者の記憶法

 

f:id:higeyarou79:20200405093755j:plain

 
 
記憶しろ! ヤツから娘を守れ。
アルツハイマーの連続殺人鬼VS新たな殺人鬼! 韓国ベストセラー小説を映画化した、傑作クライムスリラー!
 
★予約だけで韓国でベストセラーとなり、文学界にセンセーショナルをまき起こした小説「殺人者の記憶法」(キム・ヨンハ著)を映画化!
★韓国を代表する名優ソル・ギョング扮する、アルツハイマーのために記憶があいまいな元連続殺人犯と、「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」「パイレーツ」のキム・ナムギル扮する新たな連続殺人犯との対決を描く。
★深みのあるテーマと展開の速さ、度重なるどんでん返し、サスペンスにユーモアまで兼ね備え、韓国では公開時初登場1位のヒット作!
 
ストーリー
獣医のビョンスはアルツハイマーで元連続殺人鬼という顔を持ち、日々の出来事を“録音"することを習慣に過ごしていた。ある日、接触事故を起こし謎の男テジュに出会う。その目つきに彼もまた殺人犯だと確信し、警察に通報するがまともに取りあってもらえない。やがてテジュはビョンスの愛娘ウンヒの彼として目の前に現れる。ビョンスは1人でテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーにより記憶は途切れ混乱していく。そうしてまた始まった連続殺人事件……。これはヤツの仕業なのか?
 
 
 
 

ノマドの生き方をするためには、どのようなネット接続方法が有効?

現状のネット接続環境

 
現状のネット接続は、基本的には部屋に始めから備え付けとなっているwifiを利用している。使用する場合は別途料金がかかるというものではなく、始めから家賃の中のサービスに含まれている。
 
部屋を選んだときは、このような備え付けであれば面倒なネット接続に関する新たな手続きをしなくてもいいから楽だな、と思ったのだけど、今になって思えば、これも良し悪しがあるように感じる。
 
始めに、そもそもそのwifiの使用料が把握できない
家賃の中に含まれていて、その中の細かい明細は提示されないので、どの程度のコストで今のwifiを使うことになっているのかが全く分からない。
 
また、wifiについての具体的な仕様も良くわからない
現時点では、それほど使用に困らないほどの通信速度が出ているので特に文句も言わずに使っているのだけど、夜などに極端に速度が遅くなる時があって、そのようなときは本当にいらいらする。
 
 

他にどのような選択肢があるのか?

 
少なくとも今の部屋に住んでいる場合は、それとは別に何かしらのサービスに契約してしまうとそれこそ二重にコストがかかることになってしまうため、この備え付けwifiを使うことになる。
 
ただし、遠くない未来に「セミリタイア」としての生き方を実現しようとしていて、その場合は生活固定費を下げるために家賃についても圧縮する必要があり、当然今の部屋を出ることになる。ネット接続方法についても別途考える必要があった。
 
現時点で考えているのは「モバイルwifi」という選択肢。
将来的にノマドのような生き方(生活する場所、活動する場所を固定しない)も目指しているので、ネット接続も固定としないというもの。
別に光回線のような超高速の通信速度を必要としなければ、そのような選択肢も十分メリットはあると考えていた。
 
ただし、通信使用量に制限があると非常に使いにくいので、そのサービスは選択肢の中には入ってこない。例えばWiMAXはサービス全体として次のような3つの速度制限があるらしい。
 
* 「ギガ放題プラン」|3日間で合計10GB使うと、翌日の夜だけ1Mbps前後の速度制限
* 「7GB通常プラン」|月合計7GBを使うと月末まで128kbpsの速度制限
* 「au 4G LTE利用時」|月合計7GB使うと月末まで128kbpsの速度制限
 
 
現在、家で使っているようなネット環境をすべてモバイルwifiで代替させるという考えなので、このような速度制限があると正直非常に使いづらい。
 
 

モバイルwifi

 
色々と調べる中で、候補として挙げられそうなものは次の3つ。
 
 
どんなときもwifi
よくばりwifi
限界突破wifi
データ容量
無制限
無制限
無制限
国内通信回線
3キャリア
3キャリア
契約期間
2年
2年
2年
解約違約金
12ヵ月未満:19000円
24ヶ月未満:14000円
契約更新月:0円
それ以降:9500円
12ヵ月未満:18000円
24ヶ月未満:12000円
契約更新月:0円
それ以降:9500円
24ヶ月未満:18000円
契約更新月:0円
それ以降:5000円
契約更新月
1ヶ月間
1ヶ月間
3ヶ月間
端末返却
返却義務あり
返却義務あり
返却義務なし
月額料金
3480円
3450円
(最大2か月無料)
3500円
2年目以降料金
3980円
初期費用
3000円
3800円
0円
端末補償月額
400円
380円
500円
バッテリー容量
3500mAh
3500mAh
3400mAh
持続時間
約12時間
約12時間
約15時間
同時接続数
5台
5台
8台
 
どれを選択しても月額3500円程度のコストは発生する。
 
ただし、このようなデータ容量の制限がないモバイルwifiであれば、家での使用はもちろん、外でもノートPC、スマホのネット接続がやりやすくなる。
 
 

スマホの月々費用を下げるためには?

現状のスマホ費用

 
セミリタイアを実現させる上で、生活コストをできるだけ下げることが重要になる。
コントロール可能で、かつ下げる余地のある生活コストとして、「家賃」と「通信費」があるように思う
 
では、現状の私のスマホの費用は月々どれだけ発生しているのか。
 
ガラケーを初めて手にしたころからずっとソフトバンクを使用している。以前は「家族割」のようなものがあり、他の家族もソフトバンクだったので合わせて私もソフトバンクにしていた。ただし、現在はその割引からも離れてしまっているので、正直、このままソフトバンクをしようしなければならないという縛りは無かった。
 
今から2年ほど前、さすがにこのままガラケーは厳しいと思い、スマホ(iPhone8)に機種変更した。
その際は「コースの中で一番安いもの」という認識のみで料金コースを選んでいたのだけど、現状かかっている費用を専用HPから改めて調べてみた。
 
合計:3,060円
 
 基本料:2,782円
 通信料(1G):2,900円
 オプションサービス料:600円
 割引:-2,420円
 消費税:278円
 
機種代金の支払いも先々月にようやく終わり、純粋な継続的費用として約3000円発生していた。
スマホデビュー割として2420円の割引があるのが意外と大きい。
 
 

他にどのような選択肢があるのか?

 
あるサイトで「楽天モバイル」をお勧めしていた。
楽天モバイル楽天ポイントでの支払いが可能なので、楽天ポイントがたまるような生活スタイルの人にとっては、スマホ料金を無料化できるらしい。
 
一番安いプラン(プランS(2G))で月々2980円。(楽天会員になれば一年間は1500円の割引があるので、トータルで18,000円の割引はある)
 
色々な仕様を見ていて、少し目を引いたのが、「2Gの容量を使い終わった後は1Mbpsでデータ使い放題」というもの。
一般的な使用制限オーバー時の通信速度は128Kbpsしかなくて、はっきり言ってこの通信速度では使用に耐えるようなものではなかった。
2Gであること、そして使用制限オーバー後は1Mbpsで使えるという点はメリットかもしれない
 
ただ、楽天ポイントによるスマホ料金無料化についても簡単に調べてみた。
楽天カードでの還元率は1~3%。
スマホ料金の2980円を賄うためには99,000~298,000円を楽天カードで買い物する必要がある
そこまで買い物しなくても、多少はスマホ料金の割引に寄与してくれるかもしれないけど、セミリタイアでできるだけ生活コストを下げようとしている私にとっては、あまりメリットのある選択肢には見えない。