知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

⑥セミリタイアについての基本的な考え方:公務員中途採用(一次試験)

一次試験:戸塚駅にて 横浜市役所中途採用(社会人枠)の一次試験が実施されたのは「明治学院大学横浜キャンパス」だった。 JR東海道線の戸塚駅からバスに乗っていくような場所にその大学はあった。 試験は開場は午前8時20分、着席が午前8時50分、試験…

⑤セミリタイアについての基本的な考え方:公務員中途採用試験について

転職活動:横浜市役所 転職活動を断続的に行っている中で、一度、横浜市役所の中途採用に応募したことがある。 手元に残っている書類をあらためて見返してみると、第一次試験日は「平成29年(2017年)9月」になっている。そう考えると実際に今の会社…

④セミリタイアについての基本的な考え方:三菱航空機の会社説明会

転職活動:三菱航空機 断続的に転職活動は続けていた。 転職サイトに登録して、気になった求人があったら目を通すようなそんな日々を過ごしていた。その中で一件、私の目に留まった求人があった。 「 三菱航空機」 三菱重工が国産ジェット機製作に乗り出して…

③セミリタイアについての基本的な考え方:転職を考えるまでの流れ

設計という仕事 企業Aで働く中で、正直私の強みを発揮できたという思いはほとんど無かった。 周りの設計者や上司との人間関係の中で苦しみ続けた。 今思えば、そのような人間関係の囚われずに自分が得意なこと、自分がやりたいことに集中して取り組んでみる…

②セミリタイアについての基本的な考え方:新卒で入った会社での出来事

企業A:配属前 私が新卒で入った会社を仮に企業Aとする。 入社して新人研修が2か月くらいたったときに、体育館に新入社員が集められた。 そこで各部署の代表が壇上に立ち、それぞれの職場の紹介と仕事内容の説明があった。そのあとに新入社員は、実際にその…

①セミリタイアについての基本的な考え方:経済的自由を望むに至った経緯

経済的に自立する 大学院に通っていた頃、研究室の指導教官から、 「博士課程に進む気は無いか?」 と聞かれて、私は、 「就職して経済的に自立した状態を作りたいので、博士課程に進むことは考えていない」 と答えた。 もし博士課程に進んで「学生」という…

会社という枠組みの先に、私のゴールは存在しない。

内定式後の親睦会は、確か渋谷で行われたように憶えている。 ただ、その会場にどのように向かったのかははっきりとは記憶にない。見知らぬ人に囲まれて内定式を行い、そして見知らぬ人たちに囲まれていきなり居酒屋で親睦会をする。そのような時間に私の精神…

私は、強迫観念に追い立てられるように、「私も参加します」と答えていた。

内定式の集合場所は、某事業所の近くにある会館だった。 駅前からその場所に向かって歩き始める。途中で私の前に、リクルートスーツを着た同年代の人をちらほら見かけた。そしてその会館の入り口から同じように中に吸い込まれていく。「この人たちが、私の同…

できるならその場に存在する時間を1秒でもいいから短くしたかった。

確か「内定式」は午後からのスタートだった。 その当時の私はまだ実家暮らしだったので、実家のある最寄りの駅から電車を一本乗り換えてその会場に向かう。会場となったのは某事業所のすぐ近くにある会館だった。電車での乗車時間は50分ほどで、家から駅まで…

その「内定式」というものが、私が恐れ続けていた「社会への入り口」のように感じられた。

大学推薦で応募したメーカーの採用連絡を受け、結局大阪まで企業訪問してそれなりの手ごたえを感じていた某メーカーへはそもそも応募すらすることは無かった。 その採用連絡を受けたのが確か大学院生2年の5月頃だったので、その前年の冬から開始していた私…

その会社に就職するとして、私は情熱を持って働いている自分をイメージできるだろうか?

確か、就職担当の教授から私の携帯電話にかかってきたのは、その某メーカーの企業訪問のすぐあとだったように思う。正直もう20年近く前の話なので正確な時系列は覚えていない。ただ、ちょうどキャンパスから出て駅に向かって歩いている道の途中で私の携帯…

「応募していただければ、ぜひ、〇〇事業部で採用したい」という言葉

学部推薦で申し込んだメーカーの就職面接が終わった後、別のメーカの企業訪問をした。 学部推薦で申し込んだとしても、定員の関係で内定がもらえるとは限らなかった。落ちることも十分に想定できたので、並行して別のメーカーにも色々と応募をかけていたのた…

自分の中に何も答えるべき材料を持ち合わせていなかった。

ちょうど私が就職活動をしていた頃にNHKで「プロジェクトX」というドキュメンタリー番組を放送していた。 この番組は、過去の何らかのプロジェクトが多くの障壁を乗り越えながらも何とか成功にたどり着く過程を、再現ドラマや関係者のインタビューをベースに…

私は、私という人間に全く自信がなかった。

確か、大学院生1年の終わりの3月頃から就職活動を始めていた。 正直はっきりとした記憶は無いのだけど、確か冬だったような気がする。 特に何か特別やりたいことも無かった私は、頭に浮かんだ企業をホームページで調べて、ホームページのエントリーフォー…

私自身、自分が何をしているのかも分からなくなっていた。

大学院時代も、はっきり言って苦しみ続けた2年間だった。 「周りが大学院に進むから、私も進むか」という理由だけで院に進学し、また、あまり変化の少ない研究室に進もうという理由だけで同じ学科の研究室を選んだ。そこには何のビジョンも、ポリシーも、情…

当時の私にとって「社会」というものは恐ろしいものだった。

大学についてもあまりいい思い出は無かった。 機械系の学部に進み、大学3年にもなると就職する人たちは就職活動を進めていた。ただ、機械系の学生の多くは院に進むことを決め、院試の勉強に明け暮れていた。私も、「就職をできるだけ後に遅らせたい」、また…

場違いな場所に立たされている痴呆者

2年前、私は転職した。 その当時の私の仕事は、チームをまとめる役のリーダーと試作機の評価担当を兼ねるようなことをしていた。私自身、協調性もリーダーシップも欠けていた人間だったのでリーダーという役割にやりづらさを感じていたし、試作機の評価自体…

人生において一番大切なこと:2つのドキュメンタリー番組を観て

最近、二つのドキュメンタリー番組を視聴 最近、テレビで二つのドキュメンタリー番組を視聴した。 新・上京物語 運命の合格発表”宝塚音楽学校” それぞれの番組で出てきた主人公が非常に対照的で、しかもその二つを見比べたときに私自身の人生についても深く…

iPad Air(第4世代):どのように活用するか?

iPad Air(第4世代)を購入 とうとうiPad Air(第4世代)を購入。 購入したのは256GBのスカイブルーモデル。 iPad Air(第4世代)は64GBと256GBの選択肢しかない。当然64GBの方が安いのだけど、これから長く使っていこうと考えたときにさすがに64GBでは記…

知識について:自分の知らない世界を知る

この世界を知るということにワクワクする。 そしてその蓄積した知識をベースに私なりのアイデアを作りあげ、それを表現する。 そのような生き方をしたかった。 #知識

仕事について:2021年4月1日からの職務変更

仕事について 新卒で入った会社(メーカーA)は企業向け製品を主力で作っている会社で、その会社に就職した私はずっと「企業向け製品」の製品設計開発を行ってきていた。その中でも私の職種は「機械設計職」となっており、その製品のメカ部分の設計になる。 …

靴を買いました。

昨日は所用があって外出していたのだけど、その帰りに駅前にある靴屋に行った。 事前にGoogleマップで駅前の靴屋を調べていたのだけど、思ったよりもたくさんの店がある。靴はリアルの店で買うことも多いだろうからそれなりに需要があるのだろうか。 店で靴…

靴をAmazonで買うときの注意点

普段使いの靴は、ここしばらくはずっとミズノのランニングシューズを履いている。 特にその靴を履いてジョギングなどの運動をするわけでもなかったけど、ランニングシューズであればそれなりにソールもしっかりしていて衝撃も吸収してくれるし、靴も基本的に…

iPadAirを買い替えたい!

だいぶ前にiPadを購入した。 機種は初代iPadAir。 過去のメールを調べてみると2014年7月に購入している。そうなるともう7年近くも使っている計算になるのか。この7年間一度も故障なく使えてきたのはいいのだけど、最近さすがに動作が重くなっているように感…

音声録音時のノイズ低減方法

自分の声を録音する際に今はiOSの「ボイスメモ」を使っている。 ただ、それをPCに落として聞き直すとどうしてもザーというノイズが気になってしまう。そのノイズをどうにかできないかとずっと思っていた。 ノイズリダクション機能 色々と調べてみると、iOS14…

iPodTotuchの電池の持ちが非常に悪くなってしまっている

iPodTotuchの電池の持ちが非常に悪くなってしまっている。 今持っているiPodTouchは2台目で、1台目は風呂に落として壊してしまったので今から3~4年ほど前に買い替えた。以前持っていたのはiPodtouchi第5世代。そして買い替えたのは第6世代。 2台目のiP…

ベッドについて:固い場所で寝るべきか、柔らかい場所で寝るべきか

約10年前に一人暮らしを始めた。 実家に暮らしていた時はずっと床の上にマットレスを敷いて、その上に敷布団を敷いて寝ていた。だけど、心のどこかで「ベッド」にちょっとした憧れがあって 一人暮らしをするときは必ずベッドを買おうと思っていた。 だから…

作業の場所を変える:プライベート用のオフィスを作ろう

娯楽時の作業場所と仕事(プライベートでの仕事)のときの作業場所を変えたいと考えている。 きっちり区切りをつけないとそれぞれの時間の境界があいまいになってしまうし、なかなかまとまった時間集中して作業をするというのも難しい。 そのための方法とし…

確定申告の時期が訪れた:確定申告についての必要書類は?

昨年の株の損失が170万円。 その損失について、配当金との損益通算と繰越控除をしていこうと考えているけど、当然確定申告が必要になる。 確定申告は一年に一度の作業になるので一年が経つと手続きの詳細はあいまいになってしまう。そのため、毎年このく…

確定申告の時期が訪れた:配当との損益通算

確定申告は毎年2/16~3/15に行う必要がある。 ただし、今年は申告期限・納付期限が延長されているらしい。 国税庁からの報道発表資料を見ると、緊急事態宣言の期間と確定申告の期間が重なることを踏まえて延長するとのこと。 20年の株式投資収支 今年の初め…