知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

投資~日本株:J-POWER(23年3月期 第1四半期決算)

 

 

 

株価チャート

 

一時は2,400円あたりまで買われていたけど、直近ではやや売り戻し。

22年5月に窓を開けて上昇後は緩やかな上昇という形。

週足で見ると2,500円あたりが次の天井になるかな。

 

 

日足チャート

 

週足チャート

 

 

23年3月期 第1四半期決算

 

決算発表日:2022年7月29日

 

売上高、営業利益

  • 売上高:68.6%増
  • 営業利益:9.5%減
  • 営業利益率:5.8%

 

増収減益。

増収幅は約70%と非常に高い。一方で10%近い減益

そのせいもあって、営業利益率は6%程度まで低下してしまっている。。

 

 

 

 

売り上げ増に関しては、電気販売価格上昇による収入増と、石炭価格上昇の寄与が大きい様子。

ただ、それで減益になっているということは、それ以上に費用が上がってしまっているということ。

 

 

 

 

 

配当

  • 配当金:80円
  • 株価(7/31):2,242円
  • 一株利益:366.02円
  • 配当利回り:3.5%
  • 配当性向:21%

 

このところの株価上昇を受けて配当利回り3.5%まで低下。

それほど低いという訳ではないけど、ただ配当銘柄として候補に入れるには低め。

 

配当性向は20%ほどと高くないので、配当原資としては問題無さそう。

 

 

 

 

バランスシート

 

固定負債

  • 社債:7,264億円
  • 長期借入金:8,525億円

流動負債

  • 1年以内に期限到来の固定負債:1,521億円
  • 短期借入金:815億円

 

 

有利子負債比率は高めだけど、そのほとんどは固定負債として資金調達。

なので、すぐに返済資金に困ることはないかな。

おそらく、長期借入金をベースにした資産構成による事業形態をとっている、ということなんだろうな。

 

 

関連記事

 

 

Jパワーの4~6月、純利益7%減 燃料費かさむ

 

Jパワーが29日発表した2022年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期に比べ7%減の130億円だった。石炭など火力発電に使う燃料価格が上昇するなか価格転嫁が追いつかず 、電力小売会社などに販売する電力の採算が悪化した。オーストラリア子会社が権益を持つ炭鉱で産出する石炭の販売益が増えたが、補えなかった。

 

www.nikkei.com

 

 

 

 

まとめ

 

第1四半期は増収減益。

一応、23年3月通期の会社予想は増収増益となっている。

 

 

 

増収減益ということは、電力販売価格の上昇に伴う収入増とのことだけど、それ以上に費用が増えてしまっているということ。この費用増の影響が通期で見たときにどれだけ出てくるのか。それほど楽観視はできないように感じる。

 

配当利回りも低下気味だし、様子見かな。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフランキング