知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

アーリーリタイア前に読んでいた本:DIE WITH ZERO

アーリーリタイア前、会社に向かう通勤電車の中で毎日のように読んでいた本が2冊ある。

それぞれ一度は読了した本ではあったけど、何度も何度も繰り返し読んだ。

 

 

一冊目が、「DIE WITH ZERO」という本。

 

そして二冊目が、「Dark Horse」という本。

 

 

DIE WITH ZERO

DIE WITH ZERO

 

 

この本は、次のような「まえがき」で始まる。

 

まずは、有名なアリとキリギリスのイソップ寓話から始めよう。

夏のあいだ、勤勉なアリは冬の食料を蓄えるためにせっせと働いた。一方の気楽なキリギリスは自由に遊んで過ごした。やがて冬が到来した。アリは生き残り、キリギリスには悲惨な現実が待っていたー。

 

この寓話の教訓は、人生には、働くべきときと遊ぶべきときがある、というものだ。もっともな話だ。

だが、ここで疑問は生じないだろうか?

アリは”いつ”遊ぶことができるのだろう?

それが、この本のテーマだ。

 

人生は今日という一日の積み重ね。

それ以外の人生はこの世の中に存在しない。

もし、充実した意味のある「今日」を生きられないのだとしたら、充実した意味のある「人生」なんて生きられる訳が無い。

 

 

私はそう信じていた。

 

それなのに、それまでの私は、いつ来るか分からない「未来」のためにひたすら「今日」を我慢して過ごしていた。

 

そんな生き方を長年してしまっていた。

「未来」のために「今日」を犠牲にするということは、「人生」を犠牲にすることでもあるんだ。

その事実に気づいていながら、ひたすら見て見ぬふりをし続けていた。

 

 

死は人を目覚めさせる。死が近づいて初めて、私たちは我に返る。先が長くないと知り、ようやく考え始めるのだ。

自分は今までいったい何をしていたのだろう? これ以上、先延ばしをせずに、今すぐ、本当にやりたいこと、大切なことをすべきだ、と。

 

人生の充実度を高めるのは、”そのときどきに相応しい経験”なのだ。

時間と金という限りある資源を、いつ、何に使うかー。

この重要な決断を下すことで、私たちは豊かな人生を送れるのである。

 

人生でしなければならない一番大切な仕事は、思い出づくりです。最後に残るのは、結局それだけなのですから」

 

莫大な時間を費やして働いても、稼いだ金をすべて使わずに死んでしまえば、人生の貴重な時間を無駄に働いて過ごしたことになる。その時間を取り戻すすべはない。

 

生きているうちに金を使い切ること、つまり「ゼロで死ぬ」を目指してほしい。

 

「ゼロで死ぬ」という考え方。

著者は、そのような生き方を目指してほしいと断言している。

 

 

それは、私が初めて目にした考え方でもあった。

 

それまでの私は、老後の心配をしてひたすら資産を貯めることだけを考えていた。

それがないと自由は獲得できないのだ、そう信じていた。

 

ある意味ではそれは真実なのかもしれない。

だけど、過度の安心のために、老後も使い切れないほどの資産を貯めてどうするんだ。そう冷や水を浴びせかけられたような思いがした。

必要以上にお金を使わないのであれば、今ある資産でも十分死ぬまで持たせることができる。それならば、今ここで自由を獲得して、私が本当にやりたい事に挑戦した方がいいのではないのか。その方が「後悔の無い人生」につながるのではないのか。

 

私はそのようなことを考えるようになっていった。

 

 

死ぬ前に後悔することトップ2

最大の後悔は、「勇気を出して、もっと自分に忠実に生きればよかった」であった。他人が望む人生ではなく、自分の心の赴くままに夢を追い求めればよかった、と。

人びとは、自分の夢を実現できなかったことを後悔していた。自分の心に耳を傾けず、誰かに用意された人生を生きていると、人生の最後に大きな後悔を抱くのかもしれない。

 

患者から聞いた後悔のなかで2番目に多かったのは、「働きすぎなければよかった 」だ。

 

リタイア生活を始めても、積極的に活動できる期間は限られている。だから、今、思い切って大胆な挑戦をすべきだ。

 

リスクを簡単にとれる時期を活かしきれていない人は多い。

 

本当にやりたいことを探したいのなら、リスクをとるときがあってもいい。

 

行動をとらないことへのリスクを過少評価すべきではない

 

人生で一番大切なのは、思い出を作ることだ。

 

私が新しく進むと決めた道。

この道の先がどこにつながっているかは分からない。

どこかで行き詰ることもあるかもしれない。

 

それでも、駄目なら駄目だと分かっただけで充分なんだ。

 

だけど、試さずに、挑戦せずに人生を終わってしまうと絶対に後悔する。

 

私は確かに挑戦した

 

その事実があれば、意味のある人生を作れると信じていた。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフランキング