知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

映画 ギフト

GYAOでの視聴。

--------------------------------------------------------

ギフト
 
   人の運命を見抜く能力(ギフト)をもつ未亡人アニー。ある日、大富豪の娘が失踪し、アニーは彼女の死骸をその力でいい当てるのだが…。
   ホラー映画界の鬼才サム・ライミ監督が、個性派名優ビリー・ボブ・ソーントンが執筆したシナリオを映画化したミステリアスなサスペンス映画の秀作。初期のころには顕著だったショック演出を抑え、幽玄な映像センスで恐怖を構築し、それらが見事な効果となって表れていくライミ監督の新境地。
   スタッフワークもキャメラ、音楽など総じて寂しげな雰囲気を醸し出しており、『エリザベス』から一転して、化粧っ気のない生活を送るヒロインの微妙な心理をケイト・ブランシェットが好演。その他、嫌みな悪役をキアヌ・リーブス、彼女にだけ心を開く精神障害者役のジョヴァンニ・リビジーが印象深い演技を披露してくれている。

f:id:higeyarou79:20180903055738j:plain

--------------------------------------------------------

ホラー映画という訳ではないのだろうけど、どこか恐怖を感じさせる映画だった。それでいて、最後は感動的なシーンもある。映画評にあるように、確かに精神障害者役の男優は最後のシーンとのかかわりもあって、非常に印象的だった。

 

この映画もGYAOでの視聴の中では当たりの部類だった。