知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

会社に依存せずに生きることは可能ですか?

 

フリーランスという生き方

 
ここ数日の間、YouTubeで「フリーランスとしての生き方」を投稿している人たちの動画をひたすら見ていた。確かにそのような生き方は始めは中々うまくいかないという。ただ、私が理想とする生き方に近いように思った。今、社畜として毎日心身ともにすり減らすような生き方から一日も早く離脱したかった。
 
引きこもりながら、家でPC1つで稼ぐような生き方も悪くないし、私のような人格欠陥者に向いているような生き方にも思えた。中には、PC1つ持って、世界中を旅しながら在宅ワークをしているような人もいるらしい。ネットワークさえつながれば、それで完結するような働き方だからこそ可能になる。
 
 

いくつかの選択肢

 
YouTubeでひたすら動画を見た中で、フリーランスとして家で稼ぐ方法として次のようなものが挙げられていた。
 
①webライティング
②ブログ
③プログラミング
④動画編集
 
どれもまずは独学で学んでみることが重要らしい。そして場合によっては、そのスキルを要求されるような企業に入り「そのスキルをさらに学ぶための学校」としてその企業を利用する。
 
あるいは、今の仕事をしながらでも並行して新しいスキルを独学し、実際に副業として始めてみる。その中でいろいろと試行錯誤して自分に向いている方向性を探ってみるというやり方。
 
 

投資+何か

 
株式投資による配当で最低限生きられるだけの収入をまずは確保する。次に会社から離脱し、空いた時間を使って新しいスキルを独学し、そしてそれを実際に試してみる。
 
組織の中では完全にうまく立ち回れるような人間ではなかったけど、そのような個人学習+実践のサイクルを回すような生き方は可能なのだろうか。