知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

メンタルモデル:どうやってメンタルモデルを構築するのか。

 

「幅」のある知識

 
 
注意力を維持できる人は自分の中に「メンタルモデル」を作ることができているという。
 
では、どうすれば効果的に自分の中に「メンタルモデル」を作ることができるのか。
 
 
 
 
最も生産性の高い人びとはどうやってメンタルモデルを構築するのか。*1
 
 
スーパースターたち(最も生産的な社員たち)の一連の共通点。
 
■彼らは同時に五つのプロジェクトにしか関係していなかった。
スーパースターたちは時間を何に使うかについて、より用心深かった。
スーパースターたちは、すでに身につけたスキルが役立つような仕事を選んでいなかった。
 
■初期段階にある仕事に興味をもつ
初期プロジェクトは情報が豊富。
 
■知的な会話に関することで、彼らは理論を組み立てるのが大好きだった。
自分が見たり聞いたりしたことを、かならずストーリーにして話す。
どんどんメンタルモデルを作りあげる。
 
 
身の回りで起きていることをなんでも物語にして自分に語って聞かせることで、自分の注意力をどこに向けたらいいかが分かってくる。
 
集中力を高め、気が散らないようになりたければ、自分がこれから何をしようとしているかについて、頭の中でできるだけ詳細に思い描くことだ。
 
 
 

ストーリーにして話す

 
自分にとって新しい経験を課すこと
できるだけ初期段階の方が色々な情報を収集できるので、その状態のプロジェクトにかかわるようにすること。
それによって、自分に対して「幅」のある知識を集積させることができる。だけど、それだけでは意味がなく、それらの知識や経験を「ストーリー」として外部に対して説明する訓練を自分自身に習慣的に課していくこと
 
 
一朝一夕に「ストーリーテリング」の能力が身につくわけがなく、それを自分の頭のなかだけでもいいので何度も繰り返し行うこと。そのような試行錯誤が必要だということなのか。
 
 
今日の私は、どのような新しい経験をし、どのような新しい知識を自分に対して与えることができたのか。
そして、それらの経験や知識を統合させる新しい「ストーリー」を作ることができたのか。
 
 

f:id:higeyarou79:20200802112314j:plain

*1: あなたの生産性を上げる8つのアイディア チャールズ・デュヒッグ 著