知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

【テーマ】 誰か

 

テーマ

 

仮想空間内のコミュニティ。5人。男3人。女2人。

交互にやりとりをしあう。時間を決めてチャットスペースでやり取りをしていた。そのコミュニティーの中では各人はニックネームを設定してニックネームで呼び合っていた。

 

その日もいつもと同じようなやり取りをしていた。

 

突然Aの様子がおかしくなる。

「私は誰かに殺されるかもしれない」

 

 

都内で若い女性(竹内 智子)が殺される事件が発生。

以後、チャットにAが接続しなくなる。連絡も取れない。

 

E「殺された若い女性って、Aだったんじゃない?」

B「なぜ殺されたんだろう」

 

残されたB ,C ,D,Eはチャットの中で真相を推理し合う。

 

C「殺されたのって、本当にAだったのかな?」

C「私、知っているんだよね」

 

神奈川県内で若い男性(島田 貴之)が殺される事件。以後、Cはチャットに繋がらなくなる。

 

 

残されたのはB ,D,E。

 

BはEの矛盾に気づく。

 

 

Aは殺されてはいなかった。

真犯人はA。初めに殺された若い女性こそがEだった。

Eを殺した後、Eの IDでチャットに入りEになりすましていた。

 

 

Cはその事実に気づき、裏でAを脅迫していた。初めはお金を支払っていたが、Cの要求はどんどんエスカレートしていった。

「このままでは破滅する」

AはCも殺すことを決意する。

 

A「あいつは、地獄に落ちて当然の人間だったんだよ」

Eを殺したAの動機が明らかにされる。

 

A「・・・一番地獄に落ちるべき人間は、私だったのかもしれない」

A「私の中には悪魔が棲んでいた。私はその悪魔をどうすることもできなかったんだ」

 

チャットからE(A)の接続が切れる。

 

 

 

 

 

 

登場人物

 

山田 浩之(ニックネームA)(22)

チャットグルプのメンバー。

初めに殺された人物。ただ実際には殺されておらずEになりすまして裏で殺人を犯していた殺人鬼。

 

 

今井 雄一(ニックネームB)(18)

チャットグループのメンバー。

E(A)の言葉の矛盾に気づき、不信感を抱いた人物。

 

 

島田 貴之(ニックネームC)(35)

チャットグループのメンバー。

E(A)の言葉の矛盾に気づき、不信感を抱いた人物。E(A)を脅迫することによって逆にAに殺される。

 

 

佐藤 詩織(ニックネームD)(16)

チャットグループのメンバー。

 

 

竹内 智子(ニックネームE)(28)

チャットグループのメンバー。

初めにAに殺される。裏ではAとの間に深い因縁があった。