知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

当時の私にとって「社会」というものは恐ろしいものだった。

 
大学についてもあまりいい思い出は無かった。
 
機械系の学部に進み、大学3年にもなると就職する人たちは就職活動を進めていた。ただ、機械系の学生の多くは院に進むことを決め、院試の勉強に明け暮れていた。私も、「就職をできるだけ後に遅らせたい」、また、「ほとんどの学生は大学院に進むのだから」、というたった二つの理由だけで大学院への進学を希望していた。
 
確か大学4年の夏ごろに試験があった。
その当時の私は、「試験に落ちたら就職活動をしなければならない」という強迫観念のもと、クーラーのない自宅の自室でひたすら数学と物理の過去問を解いていた。それくらい、当時の私にとって「社会」というものは恐ろしいものだった。大学の図書館に行けばクーラー付きの部屋を確保できるのだけど、大学は自宅から遠く、また他人の目がある中での勉強は私にとって集中しずらい環境だった。だから汗だくになりながらもひたすらノートに方程式や数式を書き出し続けた。
 
二つの研究室に願書を提出し、二つの院試を受験した。
そして、その両方ともに合格した。
 
一つの道は、大学3、4年に所属した学部からそのまま上に上がるような同じ分野の研究室。
そしてもう一つの道は、CGを研究テーマにした全く未経験の分野の研究室。
 
私は変化を恐れ、それまでやってきたことの延長線上にある研究室を選択した。
もしそのとき別の研究室を選択していたら、それから先の人生は変わっていたのだろうか。わからない。ただ、私の人格障害にも似たキャラクターを考えたら、どちらの道を進んでも大差は無かったようにも思う。結局、社会に適合できなくて孤独のまま、いつか企業や国という組織の束縛から逃れて生きることをひたすら願って毎日を過ごしていたはず。
 
今の私のように。
 
 
 
 
 

場違いな場所に立たされている痴呆者

 

2年前、私は転職した。
 
その当時の私の仕事は、チームをまとめる役のリーダーと試作機の評価担当を兼ねるようなことをしていた。私自身、協調性もリーダーシップも欠けていた人間だったのでリーダーという役割にやりづらさを感じていたし、試作機の評価自体も精神をすり減らすような仕事だった。
 
 
昔から私は組織の中になじめない人間だった。
学生時代も何とか仮面をかぶってやり過ごしていたのだけど、高校時代は本当に周りに人が居なかった。私の高校は中学からの進学者と外部からの受験者が半々程度いるようなところだった。私は中学受験をしていたので、内部からの進学者だった。
 
中学時代はそれなりに友達はいたつもりだった。
だけど、今思えば、私はひたすらクラスメートの道化役を演じることによって「友達」という肩書をもらっていたようなものだった。
 
高校に進学した途端、どうやって友達をつくればいいのかも知らなかった私は、本当に意味で孤立していた。周りはどんどん仲間の輪が出来上がってくる。私は「いつか中学生時代のように友だちはできるよ」と必死になって自分に言い聞かせていたのだけど、その「いつか」は結局訪れることは無かった。前にも後ろにむ進めずに半年もたつ頃には、私はクラスで独りぼっちだった。
 
私以外にも孤立していた生徒はいたので、そこで何とか自尊心は保っていた。だけど、それは偽りの自尊心でしかなかった。学生生活でも一番の地獄は「サマーキャンプ」「ウィンターキャンプ」という行事だった。それはクラスで班を作って、夏は登山、冬はスキーに出かけるというものだったのだけど、その班分けでは私は最後まで残った。それは当たり前の話で、私は独りぼっちだったのだから。いつも私は残り物として人数が足りない班に入ることになった。白い眼を気にしながら団体で登山やスキーに出かける。私にとって地獄以外の何物でもなかった。その行事の前は、その行事が訪れることを心の底から恐れ、そしてその行事の最中は時間が過ぎ去ることを心の底から願っていた。
 
 
そのような人格を天から与えられた私にとって「リーダー」という職は、場違いな場所に立たされている痴呆者と同じだった。そのような状態が続くわけがなかったし、その先には破滅しかないと思った。
 
 
 
 
 
 

イノベーションを加速させる:古い概念を独自のやり方で並置することで独創性を高める

 

イデアで勝負するような働き方

 
企業において「新しくて独創的なアイデア」が大きな競争力を持つ時代になっているように感じる。
 
以前の世界では「いかにして多くの人を集め、効率的に動かしていくか」が大きな力を持っていて、だから製造業では日本はアメリカを打ち負かすことができたはず。だけど今はアメリカのアイデアをベースとする企業(GoogleAppleFacebookAmazonMicrosoft)に全く手も足も出なくなっている。
 
おそらく、それは個人においても同じ。
 
だからこそ、アイデアで勝負するような働き方をするべきだし、いかにして斬新なアイデアを出していくかについてもっと真剣に考えるべき。
 
 
 
 
 
創作過程を急発進させるためにロビンズが提案した方法、すなわち他の作品からすでに成功が証明された伝統的なアイディアをもってきて、それを新しいやり方で組み合わせるという方法は絶大な効果を上げた。これは、成功した作品の創作を発火させるために、ありとあらゆる人びとが用いてきた手だ。*1
 
「芸術においても、科学においても、商業的な革新においても、すでにある素材を組み合わせるというのが、創造的な理論の中核をなしている。」
 
 
 
すべての独創的な論文には少なくともひとつの共通点があった。たいてい、すでに知られているアイディアを新しい形で組み合わせていた
 
古い概念を独自のやり方で並置することで独創性を高めるというのは、今日に始まったことではない。
 
 
 
 

イデアは既存の要素の組み合わせ。

 
これは以前から使い古された言葉のように何度も使われた言葉。
だけど、その意味をどれだけ真剣に私は考えてきたのだろうか。その言葉を効果的に実現させるための方法を探そうとしてきたのだろうか。漠然と考えるだけでは中々難しい。もっと戦略的に進めるべき。
 
①広範な知識をインプットする
②その知識を並べ替える思考実験を習慣的に繰り替えす。
 
この二つを習慣の中に組み込んでみること。
作り出したアイデアを具現化するためには「行動」というまた別の能力が必要となるのだけど、そもそも武器とする「アイデア」が自分の中に無いのなら話にならない。
 

f:id:higeyarou79:20200916075058j:plain

 
 
 

*1: あなたの生産性を上げる8つのアイディア チャールズ・デュヒッグ 著