知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

ペトロチャイナ:米国市場の上場廃止:配当金入金

 

 

配当金入金

米国市場からペトロチャイナ(ADR)株が上場廃止されたのが2022年9月9日。

 

そのペトロチャイナ(ADR)株について、11/8に配当金が入金された

上場廃止されたとしても、まだ配当金を受け取る権利は生きているらしい。

 

 

1株当たりの配当金は2.97ドル。

そもそもこの配当金はどのようにして算出されたものなのか。

 

 

ペトロチャイナ(中国石油天然気)は上海市場にも上場している。

そこでの配当金を調べると、2022年9月9日に権利落ちしたものは、利回りは約9.4%。

2.97ドルについても同等の利回りで計算されているとしたら、配当金算出時の想定株価は31.5ドルということになる。 想定損失率は約33%

 

まだ決着はついていないけど、ドルで払い戻されるとしても中々厳しい結果になるかもしれない。

 

  • 1株当たりの配当金:2.97ドル
  • 配当利回り上海市場):9.4%
  • 想定株価(配当金支払い時):31.5ドル
  • 購入時の株価:47.23ドル
  • 想定損失率:33%

 

 

jp.investing.com

 

 

 

今後の流れ

ペトロチャイナ(ADR)株の推移。

 

  • 2022年9月9日:米国市場から上場廃止
  • 2022年10月上旬:ADRプログラム終了
  • 2022年10月21日:特定口座から一般口座への払出し
  • 2022年11月8日:配当金入金

 

上場廃止されたペトロチャイナ(ADR)株がどうなるのか、まだSBI証券からは連絡なし。

 

 

 

 

参考にチャイナモバイル(ADR)株上場廃止された際の推移。

 

  • 2021年1月:チャイナモバイル(ADR上場廃止
  • 2021年6月8日:配当金入金
  • 2021年11月11日:ドルでの払戻し

 

上場廃止されてからドルで払い戻されるまでに11カ月もかかっている。

 

 

www.haitokin.com

www.haitokin.com

 

 

そうなると今回のペトロチャイナ(ADR)株のドルでの払戻も来年の7月くらいまで長引く可能性があるということか。

 

なかなか先は長いね。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフランキング