知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

3年前の自分の日記を読んだことはありますか?

 
 

f:id:higeyarou79:20200209192159j:plain

 

3年前の自分の日記を読んだことはありますか?

 
自分の経歴についてある調べ物をしていて、自分自身の3年前の日記を読んでいた。それはEvernoteにただ自分の思っていることを書き連ねているだけのものだったのだけど、それを見て、私は愕然とした。
 
今の自分と同じことを同じように書いていた。
 
つまり、3年前の自分と今の自分は本質として何も変わっていなかったのだ。そしてそれは一つの事実を自分に突き付けていた。
 
「今までのやり方は間違っている」
「今までのやり方を続けていたも何一つ変えられない」
 
だって、今の自分は3年前の自分と何一つ変わっていないのだから。
 
 

対処法は?

 
少なくとも、今までのやり方と違った方法を今の自分は採用すべきだった。今までのやり方が効果がないと分かった以上、その方法にしがみつ付けるのは有効な戦略だとは言えない。
 
では、どう変えればいいのだろうか。
これももしかしたら明確な答えなんてなくて、とりあえず何かを変えてみて、その結果を分析して軌道修正していくしかないのか。それを毎日の生活の中でシステムとして確立していくしかないのか。
 
①外部の力を利用する
人間は弱い。簡単に安楽の道に逃げ出してしまう。逃げ続けた結果が今のような暗闇の毎日だとしたら、その「逃げる」という戦略が必ずしも有効ではなかったということなのか。
 
自分が望まない道の上で、何か理不尽な強制をされるのだとしたら「逃げる」という選択肢も有効なのだろう。だけど、自分の目指すべき目標を設定し、少なくともその道の上では自分自身を追い込む必要があるのではないのか
 
②自分の強みに特化する
知識は武器になる。
イデアには価値がある。
この二つが私にとっての考え方だった。たっだら、その二つに徹底的に特化してみるということ。具体的な方法はその中で色々と試してみてもいい。ただ、毎日において少なくとも一つの知識を蓄積し、また、何か新しいアイデアを一つ考えるということ。それを自分に課すことはできないのか。