知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

05 02 物語 ある物語

ある物語 2

2 あたりはすっかり暗い。 どこにでもあるような平凡な住宅街を私は一人歩いていた。 電灯はちかちかと目を刺激し、その下に私の影を作り出す。歩くにつれてその影は消え去り、そして新しい電灯が作り出す影が姿を現す。 目の前から、前をまっすぐ見据えた…

ある物語 1

1 ある人に、こんな話を聞いた。 「毎朝、自分に”もし今日が人生における最後の一日だとしたら、今日これからすることを私はしたいと思うだろうか”と尋ねることにしている」 今日が人生における最後の一日と言い聞かせて生きること。そのように言い聞かせた…