知識蓄積ノート

日々得られる知識、洞察をひたすら蓄積するブログ

04 01 アーリーリタイア

セミリタイアという考え方

何のために会社に勤めるのか? なぜ自分は毎朝電車に乗って、そして会社という組織の中で精神を殺されるようなストレスフルな時間をじっと我慢しているのか。 その先に何を見ているのか。 会社に勤めることによって何を得ているのか。 収入? 「会社員」とい…

アーリーリタイアのためのステップ

どうしても会社という束縛から逃れて生きたい 人生の大部分の時間(月曜日から水曜日までの5日間、1日8~10時間)を自分が望まないもののために費やすことが本当に有効な戦略なのだろうか。確かに、その次のステップとして一時的にそのような立場に甘ん…

会社に依存せずに生きることは可能ですか?

フリーランスという生き方 ここ数日の間、YouTubeで「フリーランスとしての生き方」を投稿している人たちの動画をひたすら見ていた。確かにそのような生き方は始めは中々うまくいかないという。ただ、私が理想とする生き方に近いように思った。今、社畜とし…

生活支出を不労収入で賄える分岐点は?

ちょっとした試算 どの程度の不労収入を確保すれば、生活していくうえでの支出をすべて賄えるようになるのか。以下の計算は某HPも参照して試算した値。 月間 住居費:40,000 光熱費:8,000 通信費:6,000 食費:30,000 雑費:10,000 社会保険:21,000 合計:…

いかにして経済的自由を作り出すか(3)

国民健康保険 どう考えても国民健康保険には加入する必要がある。将来的に病気やけがで病院に通う可能性は十分にある。 加入しないと保険証も発行されず、医療費がすべて自己負担になってしまう。 では、実際に保険料はどのくらいになるのか。 年収800万円と…

いかにして経済的自由を作り出すか(2)

国民年金 企業という枠組みから離れた場合、年金の扱いも変わってくる。 国民年金でいうと、今までは第2被保険者という扱いで、年金の手続き自体はすべて勤務先が行てきた。それが「自由業」という立場に変わるため第1被保険者に変わってくる。支払として…

いかにして経済的自由を作り出すか

一つの疑問 今の状況をふり返ったときに、ふと疑問に思ったことがある。 「本当に企業に所属しなければ生きていけないのだろうか?」 そのような生き方をしてきた結果として今の行き詰まりがあるのだとしたら、選択した戦略が根本的に間違っているということ…